ノンリコースとは?

 

本ページでは、リコース(償還請求権)とは何かから、ノンリコースファクタリングのメリット、デメリットについて解説しています。

 

ファクタリングを利用する際に是非とも知っておきたい知識なので、是非とも参考にしてください。

 

ファクタリングのリコース(償還請求権)とは?

ファクタリング会社のサイトを見ると「ノンリコース」という文字を見たことがないでしょうか?

これはリコース(償還請求権)がないという意味で使われており、ファクタリングにはウィズリコース(償還請求権あり)とノンリコース(償還請求権なし)の2種類があります。

リコース(償還請求権)とは、売掛先が倒産したり赤字経営になって支払いが出来なくなった際に、契約者に支払い義務が発生することを言います。

 

日本のファクタリング会社ではノンリコース(償還請求権なし)が主流になっていますが、そのメリットとデメリットを解説したいと思います。

 

ノンリコースファクタリングのメリット

ノンリコースファクタリングのメリットとしては、主に以下の1点があげられます。

  • 売掛先が支払いをしなくても利用者に支払い義務が発生しない

これについて詳しく説明をしていきます。

 

売掛先が支払いをしなくても利用者に支払い義務が発生しない

ノンリコースファクタリングのメリットはなんといっても、売掛先が倒産したり赤字経営になって、ファクタリング会社に売掛金の支払いが出来なくなっても、利用者に支払い義務が発生しないところです。

ウィズリコースファクタリングで契約していると、売掛先が支払をしなくなった際に利用者が支払いをする義務が生じます。

 

ノンリコースを選択することにより、万が一売掛先が倒産した時のリスクを回避することができます。

 

ノンリコースファクタリングのデメリット

ノンリコースファクタリングのデメリットとしては、主に以下の1点があげられます。

  • 手数料が高い

これについて詳しく説明をしていきます。

 

手数料が高い

ノンリコースファクタリングはリスクを軽減できる代わりに、ファクタリング会社がリスクを負うことになります。

なのでファクタリング契約時の手数料は売掛先の経営状況にもよりますが、高くなる傾向にあります。

 

まとめ

ノンリコースファクタリングは日本のファクタリング業界では主流となっている契約方法ですが、リスクを回避できる代わりに手数料が高くなる傾向にあります。

利用する場合はご自身の経営状況と相談して利用することをお勧めします。

 

おすすめの記事