国際ファクタリングとは?

 

本ページでは、国際ファクタリングとは?といった仕組みから、メリット・デメリットまでわかりやすく解説しています。

 

また、仕組みが似ている信用状(L/C)との違いもご紹介しています。

 

国際ファクタリングとは?

国際ファクタリングとは、海外の輸出企業に「輸出」する際に、輸入企業からの代金を確実に回収するために利用するファクタリングサービスです。

こちらを利用することにより、輸出企業の代金が確実に回収できるほか、信用状(L/C)の開設をせずに現金を回収することが出来ます。

 

海外の企業に輸出する企業向けのファクタリングです。

 

ファクタリングに関しては以下記事をご参照ください。

 

仕組みをわかりやすく解説

国際ファクタリングについてはSMBCファイナンスサービスにわかりやすく紹介されていたので引用させていただきます。

診療報酬ファクタリング1

—— SMBCファイナンスサービス|国際ファクタリング(輸出)

このように、国内企業と海外輸入会社の間に立って海外のファクタリング会社に信用調査や保証引き受けを依頼してくれるのが国際ファクタリングです。

手数料はかかりますが、海外のファクタリング会社と直接会話をする必要がなく、かつ輸出代金債権を100%回収できます。

 

信用状(L/C)との違いは?

信用状(L/C)とは、ファクタリング会社ではなく銀行が間に入って支払いを保証するシステムです。

国際ファクタリングの場合は海外の輸入企業の同意が必要ですが、信用状(L/C)は輸出企業(輸出者)に「通知」されるだけで同意は必要ありません。

これは、トラブルが起きた場合に信用状(L/C)を発行している銀行が損害を被ってくれるためです。

 

その代わり、信用状(L/C)は輸出企業(輸出者)の与信枠を元に「信用状の開設」が必要になります。

 

そのため、銀行の与信枠に余裕がない企業は国際ファクタリングがおすすめです。

 

国際ファクタリングのメリット

国際ファクタリングのメリットとしては、主に以下の4点が挙げられます。

  • 輸入企業からの売掛債権が100%回収できる
  • 信用状の開設が不要
  • 書類送付による入金の遅延が起きない
  • 輸入企業の与信管理ができる

一つずつ詳しく説明します。

 

輸入企業からの売掛債権が100%回収できる

国際ファクタリングには輸入会社の審査があるうえ、万が一輸入会社が支払期限を過ぎても支払わなかった場合も、ファクタリング会社が保証債務を履行してくれるので、売掛債権の回収漏れがありません。

一般的な国際ファクタリングは、支払期限が延滞して90日後に保証が履行されます。

 

信用状の開設が不要

国際ファクタリングは、国内のファクタリング会社を通して海外のファクタリング会社が輸入会社の審査をするため、信用状の開設が不要です。

そのため、銀行の与信枠が関係なく、与信枠が少ない会社でも、その後のために残しておきたい会社にも大きなメリットがあります。

 

書類送付による入金の遅延が起きない

国際ファクタリングは、信用状(L/C)で必要な信用状の開設が不要なため、船積書類を発行して、銀行を経由して、輸入企業に提出するという時間が発生しません。

そのため、申し込みと与信審査の時間のみでスムーズに売上金を回収できます。

 

輸入企業の与信管理ができる

国際ファクタリングは定期的に輸入企業の信用調査をしてくれるほか、新規の輸入企業の信用調査をしてくれるので、自分たちで与信調査をする必要がありません。

そのため、与信管理が簡単にできる点はメリットになります。

 

国際ファクタリングのデメリット

国際ファクタリングのデメリットとしては、主に以下の3点が挙げられます。

  • 手数料が高い
  • 利用できるファクタリング会社が少ない
  • 補償内容が信用事故のみ

一つずつ詳しく説明します。

 

手数料が高い

国際ファクタリングは、信用状(L/C)に比べると与信調査をする費用がかかりますので、手数料が高くなる傾向にあります。

信用状(L/C)は1年に0.5~1.0%、また電信料として約1万円程度と為替手数料がかかります。

それに比べ、国際ファクタリングは与信調査に1万円程度、またファクタリング手数料として1か月に約0.7~2.0%かかります。

 

約4倍の費用がかかるので、資金面と相談して利用を検討したほうがよいでしょう。

 

利用できるファクタリング会社が少ない

国際ファクタリングを扱うには多額の資金が必要です。

そのため、扱っているファクタリング会社は大手がメインになるため、数が限られてきます。

 

補償内容が信用事故のみ

国際ファクタリングの保証内容は信用事故のみで、ほかの非常事態には対応していません。

そのため、万が一戦争や暴動が起きた時には補填されず、リスクヘッジという点ではデメリットがあります。

 

国際ファクタリングの利用シーン

国際ファクタリングを利用するシーンとしては、輸入企業が信用状(L/C)に応じてくれない場合や、与信管理を外部に委託したい場合日本語が通じず万が一支払いに応じてくれないときにどうしたらいいかわからない場合などがあります。

 

代金回収のリスク回避として利用するケースが多いです。

 

国際ファクタリング利用の流れ

国際ファクタリングについては三菱UFJファクター株式会社にわかりやすく紹介されていたので引用させていただきます。

国際ファクタリング3

——— 三菱UFJファクターサービス|国際ファクタリングの流れ

国際ファクタリングを利用する際は、事前に輸入企業に国際ファクタリングを利用することを通知することがポイントです。

断られたら国際ファクタリングを利用できません。

 

国際ファクタリング対応会社

国際ファクタリングは扱っている会社が少ないですが、代表的な会社を3社ほど紹介いたします。

 

まとめ

国際ファクタリングは資金調達というよりは貿易を行う際のリスク回避のために使われるファクタリングです。

 

利用する際は信用状(L/C)とメリットデメリットを比較し、よく検討して利用することをお勧めします。

 

おすすめの記事