一括支払信託とは?

 

本ページでは、ファクタリングに似ている一括支払信託とは何かを解説しています。

また、一括取引信託のメリットとデメリット、ファクタリングとの違いも説明していますので、どちらを利用するか悩んでいる方も参考にしてください。

 

ファクタリングとは?という場合は先に以下の記事をご確認ください。

 

一括支払信託とは?仕組みを解説!

一括支払信託に関して、日立キャピタル信託株式会社にわかりやすく紹介されていたので引用させていただきます。

一括支払信託1

—— 日立キャピタル信託株式会社|一括決済システム

一括支払信託とは、銀行(や信託取引会社)が売掛金債権を債務引受し、債権者に立て替えてくれるサービスです。

一括支払信託には2種類あり、「包括申し込み方式」(現金化できるときに自動的に割引される方法)と「随時申し込み方式」(現金化したいときに都度都度申し込む方法)があります。

 

一括支払信託の流れ

一括支払信託の流れは以下のようになります。

  1. 取引先との間に売掛債権が発生
  2. 銀行、自社、取引先の3社間で契約を締結
  3. 自社から銀行に対し、売掛債権信託を行う
  4. 自社に信託信託受益権(手形のようなもの)が発生
  5. 取引先が銀行に対し、支払金額確定連絡をする
  6. 銀行が自社に対し、手数料を割り引いた支払金額確定連絡をする
  7. 銀行に対し、信託受益権の譲渡を申し込む
  8. 銀行から売掛金を支払われる
  9. 支払期日になったら取引先から銀行に支払いを行う

 

一括支払信託3つのメリット

一括支払信託のメリットには、主に以下の3点があげられます。

  • 売掛債権を早期に資金化できる
  • 売掛債権の残高確認が簡単にできる
  • 売掛先へ取り立てを行う手間が省ける

一つずつ詳しく説明します。

 

売掛債権を早期に資金化できる

一括支払信託は売掛債権を期日前に請求できるので、通常の支払いサイトより早く資金化できます。

そのため早期に資金を手にしたい場合は便利なサービスです。

 

売掛債権の残高確認が簡単にできる

一括支払信託を利用すると「債権残高証明書」が発行できるため、残高の把握が簡単にできます。

銀行によってはオンラインで債権残高証明書が発行出るため、いつでも残高把握が出来、便利です。

 

売掛先へ取り立てを行う手間が省ける

一括支払信託を利用すると、売掛先へ取り立てを行う時間やコスト、精神的な負担を軽減できます。

 

一括支払信託3つのデメリット

一括支払信託のデメリットには、主に以下の3点があげられます。

  • 2社間での取引が出来ない
  • 事務手続きが複雑
  • 資金化するまでに時間がかかる

一つずつ詳しく説明します。

 

2社間での取引が出来ない

一括支払信託は自社・銀行・取引先の3社間で行われます。

そのため取引先に知られずに取引を行うことができず、資金繰りが悪化していることが知られてしまう可能性があります。

 

事務手続きが複雑

一括支払信託は銀行を介するため、事務手続きが複雑になります。

複雑な分ファクタリングに比べ時間がかかる傾向にあります。

 

一括支払信託とファクタリング3つの違い

一括支払信託とファクタリングの違いは主に以下の3点があげられます。

  • 入金方法の選択
  • 2社間取引利用の可否
  • 貸し倒れリスク

一つずつ詳しく説明します。

 

入金方法の選択

ファクタリングは、資金化された売掛金は一括で入金されますが、一括支払信託は「包括申し込み方式」(現金化できるときに自動的に割引される方法)と「随時申し込み方式」(現金化したいときに都度都度申し込む方法)を選択できます。

ただし、銀行によっては手数料の金利を変動制にしている場合もある場合もあるので、資金化する時期によっては損をすることもあります。

 

2社間取引利用の可否

一括支払信託3つのデメリットでも解説した通り、一括支払信託は2社間での取引が出来ません。

一方ファクタリングは2社間取引がありますので、取引先に知られたくない場合はファクタリングの方が向いていると言えるでしょう。

 

貸し倒れリスク

一括支払信託は、契約によっては自社が売掛金の債務を負担する場合もあるので、売掛先が倒産したりして債権が不履行になった場合、貸し倒れのリスクがあります。

その点、ファクタリングはほとんどがノンリコースとなっていますので、貸し倒れのリスクはありません。

 

結局どちらを選ぶべき?

一括支払信託は相手が銀行で、入金方法が選べるという点は便利です。しかし、手続きが面倒なこと、貸し倒れリスクがあることなどからファクタリングの方がおすすめの方法になります。

当サイト「ファクリサ」では100社以上のファクタリング会社を地域別等でわかりやすく紹介しているので、ぜひ利用してください。

 

 

おすすめの記事